2017年01月15日

未だによく閲覧される記事をあれこれと


最近は、更新頻度がかなり少なったとはいえ、ブログを書いている身です。


どのような記事が、ネットの海から掬い上げられ読まれているのかは大いに気になるところです。


そこでよくブルグ内のアクセス数の多い記事をいくつか紹介しておきます。


ガチ恋は辛いなぁ・・・・・・
タイトルのごとくガチ恋真っ只中に書いたこの記事は、2年経った今でもなぜか読まれています。

思えば、この頃はこんな穏やかな気持ちでヲタ活が出来るようになるとは思いもよりませんでした。


昨晩はお見苦しいところをお見せしてすいません(__)。
これもかなり読まれている記事・・・・。

1つ目の記事の翌日に書かれた記事なのですが、もうガチ恋すぎて病んでいるのが見て取れます←。

“李帆活”を総括して(1)
これは、1つ目、2つ目の記事を書いた頃よりも幾分はガチ恋の恋煩いから解放されて、今までのヲタ活を振り返って書いた記事です。
それでも、野口由芽さんも真っ青なメンヘラ具合です。

今、この記事を書くにあたって軽く読み返してみたのですが、「ガチ恋になりそうだから嫌いになろうとした」ってあたりがなかなかの馬鹿ですね。我ながら・・・・・。

綺麗な子を好きになるのは、当たり前だからその自然な流れに身を任せればあそこまで酷いガチ恋の沼にハマらなくても良かったのではと思ったりもします。

美浜海遊祭2015 主観100%なのはご容赦ください
前年のHエリアという最後方エリアからC−1という比較的前のエリアで見れたこの年の海遊祭について文字通り主観100%で書き綴ったこの記事。

私が、選ぶMVPは当時から2推しの1人だった熊崎晴香ちゃんでした。


その後彼女は、その年の年末の『コップの中の木漏れ日』で選抜復帰を果たし、今では押しも押されぬSKEの主力メンバーの一人です。握手会も5部制でほぼフル完売という快進撃!!

その端緒となったのが、今思えばこの美浜での『制服を着た名探偵』だったのではないかと思っています。


この4つの記事は、なぜかよく読まれています。

4つのうち3つはガチ恋時代のものです。

今ではDDと言われていますが、僕にも1人のアイドルを真剣に愛するという時代があったのだと我ながら感心しています。


さて、DDといわれ一時は1シングル21人と握手をした私ですが、相次ぐ推しメンたちの卒業により握手に行くメンバーも段々と減少傾向にあります。


寂しい?確かに寂しいですが、アイドルはいつか卒業しますし、自然の成り行きに身を任せるしかないと思っています。

鎌田菜月さん、熊崎晴香さん、大矢真那さん、荒井優希さん、後藤理沙子さんの5人を5大推しメンと命名していますが、最後まで活動するのは誰なのかな、と新幹線での移動中などには考えたりしています。


案外、最後まで残るのは最年長にあたる1期生の大矢真那さんになるのではないかとも思っています。


そして卒業発表した後の握手会でどちらともなく言い出すのだと、


「お互い歳を取りましたね(笑)」と。
posted by ようちゃん at 03:04| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

新年あけましておめでとうございます。新年のご挨拶と抱負


新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくおねがいします。

さて、新年ということで今年ヲタ活の抱負をいくつか申し上げますね。

・可能な限り李帆ちゃんのイベントに参戦する。
これは言わずもがなですね。夜勤明けだろうと、なんだろうと行ける限り現地に赴きます。

・モデル志望の李帆ちゃんを応援している以上、自分自身も可能な限りオシャレを楽しむ。
実は、お金を貯めようと必死だった20代のころと違い多少余裕の出てきたのもあり、さらには李帆ちゃんのようなファッションに一家言持つアイドルを推すようになったこともあり、最近色々とファッションに金をかけるようになりました。
昨年は、タグ・ホイヤーの定価22万円の時計を買い、さらについ先日は握手会遠征のためのボストンバックは中古とはいえルイ・ヴィトンのものを買い求めました。

DSC_0027.JPG

極貧生活を強いられた10代のころやお金を貯めることに必死だった20代のころに、楽しめなかったファッションを今ようやく30代半ばにして楽しめるようになりました。

だから、精一杯楽しんでいます。

お世辞も含まれているでしょうけど、李帆ちゃんも、なっきぃも「センスがいい」とか「おしゃれになったね」って褒めてくれています。

もっとも体型の維持にも努めたいと思います。

・『パッション・フォー・ユー』の課金はほどほどに・・・・。
もうそろそろ我々、SKEヲタにとって総選挙に次いで大事な投票イベントともいえるCM選抜を決するイベントが開催されるかとは思いますが、今年は10連ガチャなどの課金はほどほどにします。
と言っても、普段のイベントからそれなりに頑張ってプレイしているのでCMイベントの本選期間の中盤のスペシャルスターが出現する期間に1回ないし2回の10連ガチャの課金で組みたいデッキはまず間違いなく作れるはずです。

・総選挙もほどほどに・・・
2014年の李帆ちゃん74位、2015年、2016年のなっきぃの連続ランクイン(70位、74位)で“やりきった感”があるのも事実です。
まだまだ半年ほど先の話になるので、年明け早々にこのような話をするのは時期尚早かも知れませんが、今年は買った握手券の分だけ投票してそれで終わりにします。

・部屋は常に整理整頓綺麗にしておく。
かなりの頻度でヲタ友が泊まりに来る我が家ですが、恥を忍んで告白するとかなり散らかっています。
今年は、いつ誰が泊まりに来ても大丈夫なように、そしていつでも女性を自宅に連れ込めるように休日は部屋のお片づけをするように習慣づけたいです。

・あまり病まない、考え込まない、悲観的にならない
かなりネガティブな性格であるのは確かです。何か辛いことがあっても一晩寝ればすっきりしてまたお仕事と推し事にまい進できるようにしたいですね。

駆け足になりましたが、こんなところです。

あと番外にはなりますが、
DSC_0034.JPG

DSC_0035.JPG

関東遠征の折り、時間さえ許せばこの聖イグナチオ教会に立ち寄って推し達の幸福を祈るも付け加えておきます。

好きな作家の遠藤周作先生が眠る東京・四谷にあるカトリックの教会です。

JR四谷駅の改札を右に出て交差点を渡ればすぐの場所にあり、毎月第4日曜は係の方が教会内を案内してくださいます。

もし、興味のある方はぜひ訪れてみてください。

それでは、本年もよろしくお願い申し上げます。


posted by ようちゃん at 22:58| Comment(0) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ファン感謝祭に行ってきました


早いものでもう年の瀬ですね、今年1年は仕事が忙しくなかなかブログの更新が出来なかったことが残念でなりません。

前回の投稿から早くも40日経過しました。無事に今年もボーナスをもらうことができましたし、握手券を1枚たりとも溶かすことなく握手会を回ることができたことにも満足しております。

さて、タイトルのとおり12月23日に名古屋・金山で開催された李帆ちゃんのファン感謝祭に行ってまいりました。

昼の部15000円、夜の部15000円で昼・夜通しで参加の場合はオフ会にも参加できます。

合計30000円という参加費で、“はたして客席埋まるのか?”と当初は心配してましたが、ほぼ満席でした(笑)。

今回のイベントもゲームあり、李帆ちゃんのカラオケあり、そして各テーブルに李帆ちゃんが回るトークタイムありと内容盛りだくさんでした。

とくにプロのお笑い芸人の方が司会進行をされるので、李帆ちゃん一人に進行の負担がかからなくてよかったと思います。

李帆ちゃんや客席のファンをいじりながら、間延びさせずにメリハリのついた司会進行だったと思います。

さて、気になる李帆ちゃんの衣装ですが、昼の部はサンタさんの恰好をそして夜の部はというとウェディングドレス姿でした。

BeautyPlus_20161225123910_save.jpg

IMG_uewfue.jpg

IMG_-1ir1um.jpg

個人的にガチ恋時代に李帆ちゃんのウェディングドレス姿を見なくてよかったな、というのが第一印象でした。

もし、あの時代に李帆ちゃんのウェディングドレス姿を見てしまったら、間違いなく発狂してましたから←。

どうやら、あのガチ恋時代に“某つぶやく所”で「りほはワイの嫁」などど呟いていたのをエゴサして知っていたのか、夜の部のお見送りの際にもらうサイン色紙が・・・・
IMG_-n91kef.jpg

それにしても僕の課題は、相変わらず李帆ちゃんの前に行くとカチカチに緊張してしまうこと・・・・・。


これはガチ恋時代も今も変わりませんね・・・・orz。

口では李帆ちゃんに「李帆ちゃんは可愛い妹みたいな存在だよ」なんて言いながら、なぜ緊張するのか・・・・・。

ちなみになっきぃや熊ちゃんや真那さんなど今現在握手に行っているメンバーとお話しするときは全くと言っていいほど緊張しません。

それだけ、李帆ちゃんが特別な存在なのかなぁ・・・・。

夜の部終了後に引き続き行われたオフ会では、硬軟取り混ぜた質疑応答があったような記憶があるのですが・・・・・。

なんと僕が座った席は李帆ちゃんのすぐ隣・・・・。完全に舞い上がってしまいあんまり覚えてないのです・・・・。

ただひとつ鮮明に覚えているのは、李帆ちゃんのグラスにオレンジジュースを注ごうとしたしたら。

「李帆、オレンジジュース嫌い!」と制されたことですね。

その模様を見ていたりぃちゃんずの皆さんはバカ受けだったようでりぃちゃんずの忘年会でも色々といじられてしまいました。

7月の事務所移籍以降、仕事の量は確実に増えていますし、イベント以外でも出演番組の観覧など会える機会は増えています。

2017年もこの勢いを継続できればと思っています。平日のインターネット放送局の観覧もなんとか休暇を利用して駆けつけられればと思っています。

今年は夜勤明けでそのまま高速バスに乗り、東京へなんてことがありました。

1つ気がかりなのは事務所移籍してイベント参加費用が以前の3500円から10000円以上に跳ね上がったことです。

やはり料金が高くなるとどうしても二の足を踏んでしまう方がいるのも事実です。

今年の4月に名古屋で開催されたイベントは参加費3500円で90人以上の方が来てくださいました。

参加費が1万円を超えるとどうしても参加者数は減少傾向にあります。

こればっかりは李帆ちゃんの一存で決められることではないのですが、なんとか学生さんや女性のファンの方も参加しやすい料金になればと思っています。

僕たちおじさん連中は現行通り多少高くてもかまわないので学生料金や女性料金を作っても良いのではと思っています。

それではずいぶんと駆け足になり、そして内容も濃いとは言えないレポですが、これにて失礼します。


posted by ようちゃん at 15:33| Comment(2) | 李帆ちゃんイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。