2016年03月24日

将棋は崩れだしたら、雪崩のように崩壊していくものらしい・・・・


どういう風の吹き回しか将棋に興味を持った鎌田菜月さんの影響で10年ぶり(?)くらいに将棋を再開したことは以前のこのブログでもお伝えしたかと思います。


あれから毎日コツコツ就寝前にこの局面における最善の一手を回答する『次の一手』や相手の王様を捕まえるための練習問題(将棋は端的にいえば相手の王様を捕まえるゲーム)である『詰将棋』を解くようにしています。


それが功を奏したのか、途中12連勝や9連勝など大型連勝を達成し、初段の壁を破れるかという勢いだったのですが・・・・・。


ここから逆説の接続詞を使わねば、ならないのが口惜しい限りですが、目下絶賛スランプなうです。


レーティングも1級に昇級したときの位置まで下がってしまいました。


原因は、連戦連勝で気を良くして気分よく指していた対局の終盤で必勝形を築き、さぁ後は寄せるだけという局面からありえないような悪手を連発しての逆転負け・・・・・。


そこから歯車が狂い始めての停滞、というか後退です。


その間、4連敗や5連敗の中型連敗を繰り返し、坂を転がり落ちるように落っこちて麓まで転がり落ちました。


悔しいし、情けないです。


本当は、3月21日の写真会で鎌田菜月さんに将棋ウォーズで初段に昇段したと伝えたかったのですがね。


彼女自身、このアプリで将棋をやっているだけに初段に昇ったということがそれなりにはすごいことだとわかってくれるであろうと思っていたので・・・・・。


普段は、握手会で馬鹿なことしか言わないオッサンが将棋再開して2か月やそこらで初段に駆け上ったなんて言ったら、なかなかギャップがあっていいかな(笑)なんてスケベ心があったのも事実です。

一度崩してしまったフォームってなかなか戻らないらしく今では信じられないように読み抜けやチョンボを繰り返しております。


その度に、何かに当たり散らしたいような衝動を抑えながらも敗戦と向き合っています。


もがけばもがくほど、焦れば焦るほど、そして指せば指すほどに本来の自分からかけ離れていくようで、でも将棋が好きだから、今日も明日も明後日も懲りずに指し続けるんだろうなぁっと半ばあきらめています。


最後に僕の、というか鎌田さんもそして鎌田界隈のかなりの人数の方の愛読書である漫画『3月のライオン』から主人公桐山くんとベテラン棋士松永さんとの会話を・・・・・
Screenshot_2016-03-24-20-56-11~2.png

この言葉って多少なりとも将棋をかじったことのある者なら、物凄く共感できる言葉だと思います。


恐らく私のスランプはもうしばらく続くでしょう・・・・。レーティングを落とし続けて2急に降級するやも知れません。


それでも“叫び出すほど嬉しい”歓喜の瞬間を味わいたいがためにヘボならヘボななりに頑張るしかないのかなと・・・・・。


アイドルヲタのブログでありながら、ずいぶんと将棋の、それもかなり固い内容を書いてしまったと反省しています。


負けが込んでささくれだった心をどこかで吐き出したかったものですから・・・・。


ラベル:将棋ノート
posted by ようちゃん at 21:21| Comment(0) | 将棋ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

将棋熱再燃1か月での現在地


どういう風の吹き回しかはわからないのですが、現在の1推し鎌田菜月ちゃんが突如将棋に興味を持つようになりました。


初めはすぐに飽きるだろうと踏んでいたのですが、SNSの発信から察するにどうやら空き時間に詰将棋を解くなど棋力向上に努力している様子がうかがえます。


あ、将棋というのは相手の王様を捕まえれば勝ちというゲームであり、詰将棋は相手の王様を捕まえる練習問題と考えて頂けると当たらずとも遠からずです。


実は、僕も若い頃は将棋愛好家で最盛期はタイトル戦のネット中継にかじりついていたものです。


月日は流れ今ではどこに出しても恥ずかしくないアイドルヲタクですが・・・・・。


前置きが長くなりましたが、というかどうも鎌田菜月さん関連の投稿を書くときはどういう訳か本題に入るまでが長いのですが、僕の将棋熱も再燃しました。


現在は『将棋ウォーズ』という携帯のアプリで毎日数局実戦を戦っています。
Screenshot_2016-02-18-23-20-38.png

ゲーム開始後30級からスタートして2級までは若い頃の貯金でスイスイと昇級を果たせたのですが、2級から1級に上がるのにまさかの停滞・・・・・。


ようやく昨日1級に昇級を果たしました。


Screenshot_2016-02-18-23-03-41~2.png

ちなみにこちらが1級昇級を決めた一番での最終盤の局面です。


ここから詰将棋でよく見る手筋で無事に相手玉を即詰みに討ち取りました。


まずは初段に上がりたいですね。


『パッション・フォー・ユー』のCMイベント終了後は、余暇の時間の半分以上は将棋に費やしています。

DSC_0119.JPG

向かって左が詰将棋の問題集です。毎日就寝前に必ず3〜5問解くようにしています。


向かって右が将棋の戦法の解説書です。自分の好きな戦法をまずは掘り下げてみようかと読み込んでいます。


あ、そういえばまだ鎌田菜月ちゃんご本人に将棋熱が再燃したことを伝えてないですね。


写真会ではあまり話すする時間がないので、次作シングルの個別握手会で伝えようと思っています。


それまでに初段に上がれたら嬉しいのだけど、ブランクがある上に若い頃と違って頭がサクサク動かないので・・・・・orz。


詰将棋なら5手詰めや7手詰めと言った短手数のものなら二段の問題でも解けるので、やはり詰将棋を解くのは毎日の習慣にするのは当然のこととして序盤の駒組みに関してももっと勉強しないといけないと感じてます。


対戦相手が強くなれば強くなるほど序盤の優劣がそのまま勝敗に直結するのですが、序盤でいつも悪くして不利な将棋を粘って勝つみたいな将棋ばかりなので一度基本から勉強しなおしたいですね。


今回は、鎌田菜月ちゃんの名前こそ出てきたものの完全に将棋ネタでした。


将棋なんて、なんのこっちゃって方にはごめんなさい。


さて、ブログ書き終わったし将棋の勉強を再開しますか(笑)


ラベル:将棋ノート
posted by ようちゃん at 21:58| Comment(0) | 将棋ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする