2017年06月20日

ピザ屋さんでの握手&サイン会


ブログを更新するペースがこの2年くらいではかつてないほど早くなっております。

このブログ立ち上げ当初のようで何か懐かしいものを感じます。

さて、昨日は名古屋市北区黒川にある『ナポリの窯 黒川店』様にて開催されたあびる李帆ちゃんの握手&サイン会に行って参りました。IMG_20170620_213203.jpg

お店の外観はこんな感じです。

地下鉄黒川の駅から北に500メートルほどの住宅街の中にあります。

テーブルは写真にある店外のピクニック用のテーブルと店内に小さなテーブルがあるのみでした。

デリバリーに特化した店舗のようです。

現地にと到着するとむろん、李帆ちゃんがこのようにお出迎えしてくれている訳ではなく、あびる李帆ちゃん推し、いわゆるりぃちゃんずの有名ヲタさんが黙々とピザを食べていました。

IMG_20170620_213209.jpg

現地到着は13時でしたが、イベント開始までに注文していたピザとパスタを食べないといけないので取り急ぎ商品を注文し整理券を引き換えることに。

ピザ4枚食べた勇者もいましたが、36歳になり胃腸の消化能力が落ちた僕にはさすがにピザ1枚、パスタ1皿が限界でした。

食事も終わり続々と集合するりぃちゃんずの面々と思い出ばなしや来月発売される写真集の話をしながら、15時のイベント開始を待ちます。

ちなみにこの日の名古屋の最高気温は34℃・・・。日陰のない屋外で2時間も待つのは、推しに会うためとはいえ、苦行以外のなにものでもありませんでした(涙)。

この日の参加者は20名超だったでしょうか、平日の、しかも月曜日の日中のイベントとしては健闘した方だと思います。

イベント参加券は1枚4000円ほどです。

この料金にはピザに手羽先、もしくはパスタに手羽先が含まれています。(ああ、料理の写真撮るの忘れたなぁ・・・・)

それに握手とサインとおおよそ90秒ほどのお話しが出来るのでコスパは非常に良いものだと思います。

IMG_20170619_162112.jpg

IMG_20170619_162130.jpg

李帆ちゃんとの会話の内容は割愛。

ただこのような会話があったことを文末ではありますが、お伝えしておきます

李帆:ようちゃん、写真集何冊買うの?

僕:写真集、頑張って10冊くらい買おうかなと・・・

李帆:(僕の話を遮りながら)もっと!もっと!

販売イベントでは握手会的なものもあるかと思いますので、その際には多少無理してでも写真集を買って李帆ちゃんとのお喋りを楽しみたいと思っております。


posted by ようちゃん at 22:22| Comment(0) | 李帆ちゃんイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

ピザ屋さんでのイベントと写真集発売(^_-)-☆


もうすでにご存じの方が、かなり多くいらっしゃるかとは思いますが李帆ちゃん関連で嬉しいニュースが2つございます。

一つは、6月19日(月)に名古屋市北区黒川の“ナポリの窯 黒川店”での李帆ちゃんの握手&サイン会です。Screenshot_20170615-011718.png

こちらはおおよそ4000円でピザもしくはパスタに手羽先、そして李帆ちゃんのサインと握手がつきます。

どうしても、食べられる量に限りがありますのでピザを1つ、パスタを1皿注文しました。

もうすでにイベント参加の申し込みは終了しているようですが、李帆ちゃんのマネージャーさんが当日飛び込みでも大丈夫かを調整中とのことです。

4日後には3月の福岡競艇場以来の李帆ちゃんに会えるわけです(笑)

そして何よりうれしい知らせが

Screenshot_20170615-002214.png


Screenshot_20170615-002225.png

な、な、なんとあびる李帆ちゃんの写真集が双葉社より発売されることが決定しました。

すでにインドネシアはバリ島にて撮影も完了しているようであとはいつ発売されるかというところですが、双葉社さまのホームページによると
Screenshot_20170614-235042.png

7月28日に決定してようです。

販売記念のイベントを都内と名古屋で行うらしく誕生日イベントと合わせてこの夏は李帆ちゃんに会える回数が卒業後では最多になりそうです。

18きっぷシーズンですし、可能な限り都内であろうと出向きたいと思っています。

さて、この出版不況が叫ばれて久しいですが、写真集となると5000冊売ればかなりのヒットをしたと評価されるようです。

なんとかこの数字を超えられるように、そして李帆ちゃんとの接触回数を増やすことが出来るように頑張って買い支えるようにします。

多少、SKEの新シングルの購入枚数を削るのは仕方ないと思っています(小声)

SKE在籍時はただの1度もシングル曲の選抜メンバーに選ばれなかった彼女ですが、SKEでは現役・卒業を問わず写真集を発売にこぎつけたメンバーは過去に7名のみだそうです。

松井珠理奈さん、松井玲奈さん、高柳明音さん、松村香織さんなどビッグネームが並んでいます。

そんな中、李帆ちゃんで8人目です。

奇跡のようなことを卒業後2年ちょっとで目の当たりにできるなんて、夢のようでふわふわと雲の上にいるような浮ついた気分でいます。

在籍時代の後半の干されっぷりを思うと、まさかこんな日がくるとは・・・それもこんなに早く来るとは思いもよりませんでした。嬉しい誤算とはまさにこのことです。

今は、一人でも多くの方に李帆ちゃんの写真集を手に取っていただき魅力を知ってもらえればというのが切なる僕の願いです。
posted by ようちゃん at 01:43| Comment(0) | 李帆ちゃんイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ファン感謝祭に行ってきました


早いものでもう年の瀬ですね、今年1年は仕事が忙しくなかなかブログの更新が出来なかったことが残念でなりません。

前回の投稿から早くも40日経過しました。無事に今年もボーナスをもらうことができましたし、握手券を1枚たりとも溶かすことなく握手会を回ることができたことにも満足しております。

さて、タイトルのとおり12月23日に名古屋・金山で開催された李帆ちゃんのファン感謝祭に行ってまいりました。

昼の部15000円、夜の部15000円で昼・夜通しで参加の場合はオフ会にも参加できます。

合計30000円という参加費で、“はたして客席埋まるのか?”と当初は心配してましたが、ほぼ満席でした(笑)。

今回のイベントもゲームあり、李帆ちゃんのカラオケあり、そして各テーブルに李帆ちゃんが回るトークタイムありと内容盛りだくさんでした。

とくにプロのお笑い芸人の方が司会進行をされるので、李帆ちゃん一人に進行の負担がかからなくてよかったと思います。

李帆ちゃんや客席のファンをいじりながら、間延びさせずにメリハリのついた司会進行だったと思います。

さて、気になる李帆ちゃんの衣装ですが、昼の部はサンタさんの恰好をそして夜の部はというとウェディングドレス姿でした。

BeautyPlus_20161225123910_save.jpg

IMG_uewfue.jpg

IMG_-1ir1um.jpg

個人的にガチ恋時代に李帆ちゃんのウェディングドレス姿を見なくてよかったな、というのが第一印象でした。

もし、あの時代に李帆ちゃんのウェディングドレス姿を見てしまったら、間違いなく発狂してましたから←。

どうやら、あのガチ恋時代に“某つぶやく所”で「りほはワイの嫁」などど呟いていたのをエゴサして知っていたのか、夜の部のお見送りの際にもらうサイン色紙が・・・・
IMG_-n91kef.jpg

それにしても僕の課題は、相変わらず李帆ちゃんの前に行くとカチカチに緊張してしまうこと・・・・・。


これはガチ恋時代も今も変わりませんね・・・・orz。

口では李帆ちゃんに「李帆ちゃんは可愛い妹みたいな存在だよ」なんて言いながら、なぜ緊張するのか・・・・・。

ちなみになっきぃや熊ちゃんや真那さんなど今現在握手に行っているメンバーとお話しするときは全くと言っていいほど緊張しません。

それだけ、李帆ちゃんが特別な存在なのかなぁ・・・・。

夜の部終了後に引き続き行われたオフ会では、硬軟取り混ぜた質疑応答があったような記憶があるのですが・・・・・。

なんと僕が座った席は李帆ちゃんのすぐ隣・・・・。完全に舞い上がってしまいあんまり覚えてないのです・・・・。

ただひとつ鮮明に覚えているのは、李帆ちゃんのグラスにオレンジジュースを注ごうとしたしたら。

「李帆、オレンジジュース嫌い!」と制されたことですね。

その模様を見ていたりぃちゃんずの皆さんはバカ受けだったようでりぃちゃんずの忘年会でも色々といじられてしまいました。

7月の事務所移籍以降、仕事の量は確実に増えていますし、イベント以外でも出演番組の観覧など会える機会は増えています。

2017年もこの勢いを継続できればと思っています。平日のインターネット放送局の観覧もなんとか休暇を利用して駆けつけられればと思っています。

今年は夜勤明けでそのまま高速バスに乗り、東京へなんてことがありました。

1つ気がかりなのは事務所移籍してイベント参加費用が以前の3500円から10000円以上に跳ね上がったことです。

やはり料金が高くなるとどうしても二の足を踏んでしまう方がいるのも事実です。

今年の4月に名古屋で開催されたイベントは参加費3500円で90人以上の方が来てくださいました。

参加費が1万円を超えるとどうしても参加者数は減少傾向にあります。

こればっかりは李帆ちゃんの一存で決められることではないのですが、なんとか学生さんや女性のファンの方も参加しやすい料金になればと思っています。

僕たちおじさん連中は現行通り多少高くてもかまわないので学生料金や女性料金を作っても良いのではと思っています。

それではずいぶんと駆け足になり、そして内容も濃いとは言えないレポですが、これにて失礼します。


posted by ようちゃん at 15:33| Comment(2) | 李帆ちゃんイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする