2015年11月05日

2015年11月4日のE公演に行ってきました。DD化が進行していることを確信した・・・


仕事がなにかと忙しくご報告が遅れましたが、11月4日のチームE『手をつなぎながら』公演に無事に当選しました。

9月11日の鎌田菜月さんの生誕祭以来、実に中53日も間隔が空いてしまいました。


さて、チームE公演といえばただでさえビンゴ運の悪い僕が、さらに輪をかけてビンゴ運が悪くなるのですが・・・・・・・・。

この日はなんと4順目での入場が叶いました。


Screenshot_2015-11-05-19-17-40~2.png

DMMの配信にもばっちり映っていたらしく・・・・。ギラギラさんやほかの阿比留界隈、鎌田界隈の友人に見つかってしまいました。
sketch-1446719128783.jpg

全体曲は白・紫・白の鎌田菜月ちゃんの推しサイリュームでしたが、ユニットは色々とカラーチャンジ機能をフルに使って公演を楽しみました。


Screenshot_2015-11-04-22-47-28.png

まず、『グローリー・デイズ』は向かって右の熊崎晴香さんの赤・紫のサイリュームを振りました。


礒原杏華さんの歌割りの時には色はそのままでサイリュームをL時にクロスさせました。


Screenshot_2015-11-04-22-46-59.png

『この胸のバーコード』では柴田阿弥さんの水色・白を振りました。


う〜ん、この・・・・。


Screenshot_2015-11-04-22-46-43.png

ユニット3曲目の『ウィンブルドンに連れて行って』ではむろん・・・・。


鎌田菜月ちゃんです


2列目からだと菜月ちゃんの表情一つ一つが確認できます。天にも昇る気分でした。

Screenshot_2015-11-04-22-45-59.pngScreenshot_2015-11-04-22-45-45.png

4曲目は長身ヴィジュアルメン好きの僕にとってはお得すぎる梅本まどかさん、佐藤すみれさん、酒井萌衣さんの3人。平均身長は実に165センチ(笑)。


梅本まどかさんの赤・白・青のトリコロールカラーのサイリュームを振りました。


Screenshot_2015-11-04-22-45-17.png

そして冒頭の写真でも確認できるかと思いますが、『チョコの行方』では須田亜香里さんの赤のサイリュームを・・・・・・。


某ツイッターやモニ観していた友人には色々と言われました・・・・・。


あ、ここで私の現在の1推しである鎌田菜月ちゃんのことを触れねばなにません。

Screenshot_2015-11-04-22-48-28.png


この日は全体曲2曲目の『マンゴーNO2』のコールをやらせてもらったり、MCも場を白けさせてしまうことなく良かったと思います。


特に後半の8人MCでの『夢』について話したMCは(相変わらず)秀逸でした。
夢の内容はというと
握手会にて
「次の人今年の生誕委員長だからちゃんと握手してね」と握手に来たファンにいわれて、いざ次の人の握手になると鎌田父だったというもの・・・・。

モニ観にヲタ友がいたのですが、モニ観エリアが一番沸いたのは彼女のこのMCの場面だったそうです。


彼女の課題である全体曲で存在感をなくしてしまうという点ですが、この日は以前のように後列に下がってしまうと探すのに苦労するということはないように感じました。


推し補正も入った僕の主観ですが・・・・。


Screenshot_2015-11-04-22-44-19.png

Screenshot_2015-11-04-22-42-56.png

お腹についてはあえて何も言いません・・・・・。


レディの体型をとやかく言うのは失礼ですからね・・・・・。

最後に、最前列に座ったことも3列目に座ったこともありますが、僕自身は2列目が一番見やすかったです。


1列目はさすがに落ち着けません・・・・。


レスをもらう回数、アイコンタクトができる回数なら断然立ち見エリアの最前ですが、いかんせんメンバーとの距離が遠い。


理想をいえば2列目→立ち見最前→2列目→立ち見最前と交互にいければいいのですが・・・・・。


すでに11月11日のE公演にファストパスのチケットを投函済みなのでうまくいけば中6日でE公演に入れるのですが、はたして僕の描いた絵の通りにことは進むでしょうか・・・・。

posted by ようちゃん at 20:15| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

鎌田菜月生誕祭2015


先日のブログでも書きましたが、現在の1推しの鎌田菜月ちゃんの生誕祭に当選しました。


昨年の阿比留李帆ちゃん生誕が2順目という良順で入場できたので今年ももしかしたら?と意気込んだのですが結果は21順目・・・・・。

生誕座席票.jpg

仕方なく立ち見エリアのセンターカメラの右斜め後ろに陣取りました。


それにしても今年当選7回中立ち見が4回ってどれだけ運が悪いねん失恋


意気消沈しつつ開演。


意外にもこの場所メンバーがカメラに目線を送るときに見てくれるのでレスを貰えた気分になります。


1曲目の『ぼくらの風』の統一サイ企画も無事に成功
統一サイ.png

上手白、中央部は紫、下手白となっきぃの推しサイリュームカラーexclamation×2


ユニットの『ウインブルドンに連れていって』
鎌田生誕1.jpg

では黄色の統一サイ。

ご協力いただいた皆様ありがとうございました。


生誕委員の末席を汚すものとしてこの場を借りて感謝申し上げます。


さて、生誕祭といえばスピーチですが、現チームEの須田亜香里さんのお手紙を受けてのなっきぃのスピーチ
だーすーお手紙.png


鎌田生誕スピーチ.jpg



スピーチで特に心に響いた箇所は
『自撮りのことやお腹の話題が先行しちゃって それを苦く思っているファンの方がいることも知ってます。でも私は今は(そういう話題が先行する)それで良いんだって思ってます』

『今年の3つの目標を考えてきたのですが、公演での武器を作ること、妥協しないこと、選んでもらえる人になることです』

『まだまだ卒業しませんので!
アイドルのSKE48の鎌田菜月をよろしくお願いします! 』

です。

確かに僕もぐぐたすでの写真やお腹に話題が行きがちであることに残念だと思っている側の一人です。


それを握手会でご本人に直接伝えたことはありませんが、それでも「この子可愛いのに」「この子の書くブログの文章は秀逸なのに」と思ったことは1度や2度ではありません。


どうやら、ファンのそういう声を知っているうえでまずは多くの人にまずは自分の存在を知ってもらわなければということで他のメンが自撮詐欺やお腹のことを話題にしていることも受け入れているようですね。


今年の目標は3つですが、確かに公演で絶対的な武器が欲しいところです。やはり彼女の場合MCがその武器になりうる可能性が一番高いのではないかなと思っています。


パフォーマンスでは美浜に続いてこの日も熊崎晴香さんにずいぶんと目が行きました。


それくらい彼女のパフォーマンスは引力があります。


熊ちゃんの握手券は1日3枚ですが、もう少し買い足してもいいかなぁと思っています。


李帆ちゃんTシャツを着ている人と覚えてもらえているので・・・・・。


そして卒業しない宣言exclamation×2。ある意味一番聞きたい言葉だったかと思います。


もう・・・・おそらく・・・推しの卒業は耐えられない・・・・・。推しの卒業公演を落選してモニター越しで見るのは耐えられない


そして終演時ステージ中央でのあいさつでも

『みなさん、私は、フワフワしているとか、ヘニャヘニャしているとか、言いますが、お母さんに、あんたは気が強いと太鼓判を押された身ですので、皆さん、心配せず、どんと、一緒について、一緒に、いろんなことを、色んな景色を見れたら嬉しいです。』
というお言葉。願わくば彼女の選抜での姿が見たいです。


彼女は穏やかで握手でお話してもほんわかとして春の暖かい日差しのような柔らかい印象ですが、お母様がおっしゃるように芸能界で活動している以上確かに気の強い一面はあるのかなぁって思います。


まだ僕にはその気の強い一面を見せてくれたことはありませんが、これから握手に通ううちにそういう一面も見ることができればと思っています。

posted by ようちゃん at 08:25| Comment(0) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

美浜海遊祭2015 主観100%なのはご容赦ください


去る8月13日は美浜海遊祭に行ってまいりました。


これでありがたいことに2年連続の当選です。


が、僕はというと色々と心に靄がかかっているような状態でイベントを楽しむという気持ちにとてもなることなくイベント当日を迎えました。


昨年はHエリアという最後方のエリアでしたが、今年はくじひきの結果C−1という比較的前のエリアで観覧することができました。
美浜座席.png

セトリは下記の通りになります。

影アナ:松井玲奈 (17:25)
M00 overture (SKE48 ver.)
M01 前のめり (18th) 選抜 アンダー:宮澤→矢方美紀・谷→宮前杏実 ※フル
M02 賛成カワイイ! (13th)
M03 ごめんね、SUMMER (3rd) 
MC1 「美浜海遊祭についての意気込み」 → 雨が降り出す

映像「小畑優奈のインタビュー」
M04 Dear my teacher (A1st) 7期・ドラフト2期 小畑優奈☆
M05 チャイムはLOVE SONG (S2nd) チームE
M06 握手の愛 (KU3rd) チームKU
M07 ジェラシーのアリバイ (S3rd) チームS
MC2 「水着ファッションショー」 仕切り:大場美奈・柴田阿弥

映像「斉藤真木子のVTR」 湯浅さんが斉藤真木子をEscapeのセンターに指名
M08 Escape (AKB34th c/w) 非選抜 斉藤☆
M09 美しい稲妻 (12th)
M10 あうんのキス (9th c/w) ※水鉄砲使用
M11 フラフープで GO!GO!GO! (1st AL チームS) ※浮輪使用

映像「熊崎晴香のVTR」
M12 制服を着た名探偵 (18th c/w) ドリーミングガールズ 熊崎☆
MC3 「水着ファッションショーに呼ばれなかったメンバーMC」

M13 不器用太陽 (15th) ※唄い出し:小畑優奈
M14 2588日 (18th c/w) ※会場緑一色
MC4 「松井玲奈が可愛がたアイドル達でMC」

M15 パレオはエメラルド (6th) 古畑☆
M16 バンザイVenus (5th) 
M17 青空片想い (2nd) 後藤楽☆
M18 1!2!3!4! ヨロシク! (4th) ※フル、台詞:北川→玲奈→須田→江籠「知らなーい」
M19 羽豆岬 (3rd c/w) 全員
M20 僕は知っている (17th c/w) 全員

本編終了 (19:37) アンコール → SKE48コール

EN1 ピノキオ軍 (S3rd) ※前進コール:松井玲
EN2 オキドキ (7th)
EN3 アイシテラブル! (9th)
EN4 SKE48 (A1st改変)

全編終了 締アナ:松井玲奈・松井珠理奈 公演時間:2時25分(19:55)


さて、今回の美浜での公演の模様はまとめサイトやその他サイトにて確認していただけば良いとしてここからは100%僕の主観で書かせていただきます。


まずは何より現在の1推しである鎌田菜月ちゃんですが、見せ場は水着ショーでした。

なっきぃ水着.jpg
なっきぃ2.jpg

ボリュームチェックと称して大場美奈さんに色々な個所を触られているのを現地で見るのはなかなか複雑な気分でした。


ポニョっているとほかのメンバーからネタにされ、半ば自分でも自虐気味にネタにしていますが僕は丁度今くらいがいいのではないかと思っています。


ただ、厳しいことをいうようですが、見せ場はこの水着ショーのみでした・・・・。


僕のいた位置からだと団扇やサイリュームに視界を遮られたり、距離も劇場の立ち見エリアよりも幾分遠かったこともありますが、舞台で踊る彼女を見つけるのをかなり苦慮せざるをえませんでした。


逆に今回の個人的なMVPを選ぶとなると2推し候補の一人でもある熊崎晴香さんですね。


新シングルでのC/Wを披露してセンターを務めましたし、遠目から見ても彼女のダンスは動きが大きくて表情も豊かで楽しそうに踊っているので見つけやすいのです。
熊ちゃんセンター.jpg

鎌田菜月さんと熊崎晴香さんは同期(6期生)で年齢も1つ違いでほぼ同世代、総選挙もともに70位代ということもあり、1推しと2推し候補の1人ということで嫌でも比較してしまいます。


劇場公演のような300人程度の小さな箱では、力の差をそこまで感じることはなかったのですがやはり2000人規模の会場での全体曲となると感じざるをえませんでした。


あくまで僕の主観ですが・・・・。


逆に昨年の怪我して長期間の戦線離脱を余儀なくされる以前からの熊崎晴香さん推しの方々は、この日の彼女を見て「推し続けてよかった」と感じることができたと思います。


160センチと決して身長が高いわけではありませんが、全力ダンスと豊かな表情は須田亜香里さんに通じるものがありますね。


僕も『制服を着た名探偵』を踊る彼女を見ながら、「熊ちゃんの選抜復帰あるでexclamation×2」と心の中で呟いてしましました。


今回の美浜を受けて拙速に数ある2推し候補の中から熊崎晴香さんを2推しにするということはありませんが、僕の中に大きなインパクトを残しました。


鎌田菜月ちゃんを劇場で見たのは都合4回です。


昨年1月の研究生公演『制服の芽』、今年3月のアップカミング公演、今年5月と7月の『手をつなぎながら』です。


公演で見るたびにダンスでの動きの大きさだったり表情だったりと良くなっているように感じているのですが、やはり大箱で選抜常連メンバーやダンスメンとの全体曲だと埋没してしまう時間帯が多かったですね。


逆にまだまだ伸びしろが大きいとポジティブに取られるようにしています。


セルフプロデュース力はメンバー中でも屈指のものがありますし、握手会は2部制ですが完売が出るようになりました。これにパフォがさらに向上すれば鬼に金棒なので・・・・。


あ、それから水着ショーのお話は色々と書きたいことがあるのですが、それを書いてしまうとただのエロ親父になりそうなので割愛させていただきます。


posted by ようちゃん at 12:19| Comment(4) | 公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする