2015年10月25日

今年何度目から羽豆岬・・・・。ただし絵馬の文面はDD化・・・・


もう日付が変わって昨日24日(土)になりますが、今年何度目かの羽豆岬に行ってきました。


今回もロードバイクを駆ってのツーリングを兼ねた聖地巡礼となります。


羽豆岬.png


自宅から羽豆岬はこんな感じです。


片道は54キロほど。


おそらく色々と経路を試してみたのですが、このコースを走るのが最短でなおかつ迷子になるリスクの少ないと思われます。


自分の推しメンたちが関東で握手会をやっているのに名古屋でお留守番というのは、なかなか辛いものがあるので自転車でツーリングでもしなければと走ってみたわけです。


で、問題の絵馬はというとこちら

DSC_0041.JPG

とりあえず李帆ちゃんと菜月ちゃんの名前は入れてみました。


ほかの絵馬のように特定のメンバーの為に神様にお祈りをするというより、現役メンバーと卒業メンバーを含めてのものになってしまいました。


posted by ようちゃん at 02:00| Comment(0) | 聖地巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

聖地巡礼のはずが・・・・


実は今週火曜日に李帆ちゃんが『ムスメにいかが?』という番組のロケで訪れた大府市のげんきの郷という知多半島エリアの農産物・水産物の直売場に行ってきました。


“すくすくヶ丘”という別館内に目指すカフェがあります。

DSC_0040.JPG


ゲートをくぐると中庭も綺麗です。

DSC_0037.JPG

この写真の中央あたりが丁度、そのマンゴーを使用したケーキがあるというカフェです。


喜び勇んで入店するも、残念ながらマンゴーはシーズンオフということでマンゴーを利用したケーキはありませんでした・・・・。


代わりに食べたのがガトーショコラとコーヒーセットのミニケーキとミニアイスでした。


DSC_0039.JPG


目的のマンゴーを使用したケーキはありませんでしたが、こちらのガトーショコラもとってもおいしかったです。


ケーキの種類も豊富なのでこれから暇をみつけては大府までお茶をしに来ようと思います。


ちなみにこの日も、愛車のロードバイクを駆っての聖地巡礼。


サイクルコンピューターでの計測では自宅からの距離は往復で40キロほどでした。


サイクリングにはちょうどいい距離ですね(笑)。


ただ、情けないことにこの日は盗難防止用のチェーンも自転車を降りて歩く際に履き替えるサンダルも持ってくるのを忘れてしまいました・・・・・。


自転車用の靴で歩くのってすっごく大変なんですよ


ということでブログ用の写真撮影もそこそこに長居することなく滞在時間30分足らずで帰路につきました・・・・・。


次はヲタ友とのんびり訪れたいです。


posted by ようちゃん at 23:50| Comment(4) | 聖地巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

4か月ぶりの聖地巡礼と余談を2つ


5月10日日曜日は前日のチームE公演の余韻に浸りながら4か月振りの羽豆岬に行ってまいりました。


今回はどちらかというともう一つの趣味であるロードバイクの練習が主目的です。


名古屋市の南の方に位置する我が家から羽豆岬までは片道おおよそ55キロほどなので往復で110キロとなります。


復路は少し遠回りをして距離を稼げばだいたい130キロほど走ることになり、今の僕にとって丁度いい練習量になります手(チョキ)


奉納した絵馬がこちら
絵馬.png

前回、長居をしすぎたために体を冷やしてしまい復路に大ブレーキを起こしてしまった反省から今回は参拝して絵馬を奉納すると後ろ髪をひかれる思いで聖地をあとにしました。


今思えば、もっと絵馬に書く文言を考えておけば良かったです。どうも修辞が決まらないですね。


次回羽豆岬に行く際には事前に絵馬に書き込む文言を考えておきたいと思います。


ここからは余談を2つ


まず去る5月9日の夜公演ですが、ビンゴ抽選が終わり劇場に入場する際に通過する金属探知機に引っかかっていましたもうやだ〜(悲しい顔)


原因はこちらです。
くつ.png


この靴の金属部分に反応したようです。


むろん、金属探知機にひっかかると再検査になり後続の方が先に劇場に入場してしまうことになります。


皆様もくれぐれもお気をつけください。


もう1つ余談


本日、鎌田菜月さんへの初めてのお手紙を栄の劇場のポストに投函してきました。


以前、阿比留李帆さんへの手紙を書いた際に文学部出身の友人に添削を依頼したところ


「お前、これファンレターじゃなくてラブレターだよね?どう見ても・・・・・。12歳も年下のアイドルにラブレターとか・・・・・」と呆れられたものですが、今回は見紛うことなく正真正銘のファンレターですexclamation×2


12月のクリスマスプレゼントの折に阿比留李帆さんにお手紙を書く以前、誰に手紙を書いたか記憶の糸を辿ってみると高校2年生の時に片想いの初恋の女の子にラブレターを書いて以来でした。


それが最近はプレゼントのたびにお手紙を同封したり、今回は鎌田菜月さんにお手紙をしたためたりとずいぶん筆まめになったものです。


あ、ちなみに僕の初恋の女の子ですが、無事に(?)玉の輿に乗り現在はお医者様と結婚されているそうです。


めでたしめでたしもうやだ〜(悲しい顔)



posted by ようちゃん at 23:18| Comment(2) | 聖地巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする