2017年06月24日

『羊と鋼の森』を読んで・・・。少し身につまされています。


人と待ち合わせのネットカフェにて、手慰みのためにブログでも更新しようかと思いまして。

そういえば、一昨年の秋の握手会で鎌田菜月ちゃんに読書感想文をヲ手紙に書いて送るようにと言われて書いたことを今更ながら思い出しています。

今日は握手会ですが、そう“さいさい”関東遠征が出来るべくもないので今日は名古屋でお留守番です。

さて、私のアイドルヲタクでもあり、最近はレースに出ることはなくなったとはいえ自転車乗りであり、読書家でもあります。

この1年くらいの間で新たに読んだ小説の中で一番心に残った作品はというと宮下奈都さんの『羊と鋼の森』だったかと思います。

スト―リーはというと、

主人公は高校時代に学校のピアノの調律のために訪れた調律師の技術に魅せられ自身も調律師を目指すことに。専門学校でピアノの調律の技術を学び、念願叶いその調律師の勤める事務所で勤務することになったのですが、不器用で要領も悪い主人公は先輩たちとの技術の差に圧倒されながら、真面目にコツコツ仕事に向き合い少しずつ少しずつ成長していく過程を描いた作品です。

自分の仕事が、職人的な部分がありピアノの調律の仕事と共通点を見出しだしながら読み進めていました。

そして僕自身、不器用で要領も悪いので主人公に感情移入しやすかったという面もあります。

顧客からクレームを受けたり、仕事の依頼が来なくなったりしながらも腐らずに向上心と探求心を持ち続けて努力していく様は、働くすべての人々への賛歌のようであります。

仕事に、ことに職人的な仕事に関しては近道などなく日々の積み重ねが大事なのだという至極当たり前のことを再確認させられた小説でもありました。

文中の一文
“森に近道はない。自分の技術を磨きながら一歩ずつ進んでいくしかない。”

“「でもやっぱり、無駄なことって、実は、ないような気がするんです。」”


目標を達成することと同じくらい目標に向けて努力できることって幸せなことなんじゃないかともこの作品を読んで思いました。

あびる李帆さん、大矢真那さん、鎌田菜月さんが現在の推しトップ3となりますが、彼女たちアプローチの仕方こそ違えど努力を怠らずに日々を過ごされています。

念願だった写真集の発売が決まったり、

当たり前のように体型を維持し、当たり前のようにずっと選抜され続けたり、

持ち前の発信力を武器にどんどん仕事の枠を広げたりと・・・。

何かと制約もあり、苦労も多いかとは思います。時には臍をかむ思いをしたことも1度や2度ではなかったはずです。

それでも、彼女らは応援してくれているファンのため、家族のため、自分自身のため努力を怠りません。

僕もそろそろネジを巻きなおして頑張らないと。

55歳で早期退職するつもりの僕の勤め人としての残り時間はもう20年を切りました。

今の職場に転職してから6年目ですが、仕事で充足感を感じたことは残念ながら1度もありません。

毎日どこか怯えながら働いています。

この作品の主人公のように、そして李帆ちゃんをはじめとする推しメンたちのように僕も日々仕事に真剣に向き合わないといけないですね。

どうして、こんな頑張れない人間に成り下がってしまったのだろう・・・・・(涙)

posted by ようちゃん at 10:39| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ピザ屋さんでの握手&サイン会


ブログを更新するペースがこの2年くらいではかつてないほど早くなっております。

このブログ立ち上げ当初のようで何か懐かしいものを感じます。

さて、昨日は名古屋市北区黒川にある『ナポリの窯 黒川店』様にて開催されたあびる李帆ちゃんの握手&サイン会に行って参りました。IMG_20170620_213203.jpg

お店の外観はこんな感じです。

地下鉄黒川の駅から北に500メートルほどの住宅街の中にあります。

テーブルは写真にある店外のピクニック用のテーブルと店内に小さなテーブルがあるのみでした。

デリバリーに特化した店舗のようです。

現地にと到着するとむろん、李帆ちゃんがこのようにお出迎えしてくれている訳ではなく、あびる李帆ちゃん推し、いわゆるりぃちゃんずの有名ヲタさんが黙々とピザを食べていました。

IMG_20170620_213209.jpg

現地到着は13時でしたが、イベント開始までに注文していたピザとパスタを食べないといけないので取り急ぎ商品を注文し整理券を引き換えることに。

ピザ4枚食べた勇者もいましたが、36歳になり胃腸の消化能力が落ちた僕にはさすがにピザ1枚、パスタ1皿が限界でした。

食事も終わり続々と集合するりぃちゃんずの面々と思い出ばなしや来月発売される写真集の話をしながら、15時のイベント開始を待ちます。

ちなみにこの日の名古屋の最高気温は34℃・・・。日陰のない屋外で2時間も待つのは、推しに会うためとはいえ、苦行以外のなにものでもありませんでした(涙)。

この日の参加者は20名超だったでしょうか、平日の、しかも月曜日の日中のイベントとしては健闘した方だと思います。

イベント参加券は1枚4000円ほどです。

この料金にはピザに手羽先、もしくはパスタに手羽先が含まれています。(ああ、料理の写真撮るの忘れたなぁ・・・・)

それに握手とサインとおおよそ90秒ほどのお話しが出来るのでコスパは非常に良いものだと思います。

IMG_20170619_162112.jpg

IMG_20170619_162130.jpg

李帆ちゃんとの会話の内容は割愛。

ただこのような会話があったことを文末ではありますが、お伝えしておきます

李帆:ようちゃん、写真集何冊買うの?

僕:写真集、頑張って10冊くらい買おうかなと・・・

李帆:(僕の話を遮りながら)もっと!もっと!

販売イベントでは握手会的なものもあるかと思いますので、その際には多少無理してでも写真集を買って李帆ちゃんとのお喋りを楽しみたいと思っております。


posted by ようちゃん at 22:22| Comment(0) | 李帆ちゃんイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

総選挙から2夜明けての率直な気持ちについて


李帆ちゃんのピザ屋さんイベントまでの隙間時間に総選挙から2夜明けての今の気持ちを徒然なるままに書いておきます。

たぶん、この文面も今までの重い目の投稿と同様にヲタ卒してしまった未来の自分に対して書き送るという性格が多分に強いかと思います。

まずは、今回の総選挙で“なっきぃ”こと鎌田菜月ちゃんが44位にランクイン致しました。

一昨年70位、昨年74位に引き続き3年連続のランクインです。

もうよほどのことがない限り『意外にマンゴー』の次回作のシングルでは選抜されるはずです。

なっきぃ自身も選抜入りを熱望していることですし、まずはめでたいことなのですが・・・・・。

100%手放しで喜べているかというと、複雑な心境があるのです。

彼女は今年で大学3年生です。アイドルを卒業後に一般人に戻るなら、そして一流どころの企業に勤めて安定した人生を送るのならこれが最後の分岐点になるかも知れない年齢です。

もし次回シングルの選抜に入ってしまえば、就職活動どころではなくなり一流企業への就職という安定した道を閉ざしてしまうのではと、危惧をしています。

いつかはアイドルを卒業する日が来ます。必ず来ます。その時に新卒を大量に一括に採用するという日本社会の採用活動に乗っかれなかったあの子はどうなるのかと思ってしまうのです。

なまじ地頭の良さを感じさせられる子だけに、より一層、このような想いを否が応でも強くしてしまいます。

ラジオのMCだったり本好きなことを生かして、アイドルを辞めたその後も芸能界で活躍したいという夢がある彼女にとって、私の心配はもしかしたら取り越し苦労なのかもしれません。

まだ研究生だった彼女に生き別れた実母の面影を見て握手に通い始めてからはや3年、ここまで彼女を推し続けてきた者してこれからも微力ながら推し続けないといけないという身が引き締まる想いです。

そういえば、ここ半年くらい彼女はラジオやステージでの喋りのスキルが格段に向上したように感じます。

私の心配をよそに彼女は日々コツコツと努力していたのでしょう。自身の夢のために。

願わくば、彼女の行く末に幸多からんことを!IMG_20170619_220918.jpg




posted by ようちゃん at 12:08| Comment(0) | 鎌田菜月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする